みえこどもの城とは

 

緑豊かな松阪市中部台公園の中にある三重県立の「大型児童館」です。駐車場から案内表示に従って公園の中を進むと、大きなドームが緑の木々と青い空を背景に目に飛び込んできます。手前には、大きな円形の芝生広場が広がります。

芝生広場での楽しそうなイベントを見ながらドームの屋根をくぐって、さあ中にどうぞ!スタッフの笑顔と楽しい空間が皆さんをお待ちしています。

みえこどもの城は、平成元年にオープンし平成15年のリニューアルを経て、現在に至るまで、年間20万人以上の来館者でいつもにぎわう遊びと体験と交流の「こどもの城」です。

私たちスタッフはみんな子どもが大好きです。

だから、さまざまなことに挑戦してもらえるよういっぱい楽しいことを準備して子どもたちを待っています。

子ども向けルート設定の大きなクライミングウォール、プラネタリウムで映画やオリジナルプラネタリウム番組、コンサート、その他にもさまざまな創作活動やゆっくり遊べるカプラ(積木)の部屋や自由遊びのスペース、展示企画やプチテーマパーク、壁面創作、季節折々の楽しいイベントなどなど、とにかく楽しいことが盛りだくさんです。

自分で頑張ることも、家族で楽しむことも、大勢で大きな声ではしゃぐことも・・・楽しみ方もいろいろです。

イベント一覧を見る

みえこどもの城には、子どもたちの見守り、お手伝い、特技を活かしたイベントなどなどをやってみようという大勢の地域の大人(ボランティア、企業、団体、学生など)たちが来てくれます。みなさんは、子どもたちの喜ぶ顔に元気をもらい、次にはさらに工夫を凝らして子どもたちを迎えます。その真摯な姿勢に、私たちスタッフも大いに刺激を受け一層力が湧いてくるのです。

みえこどもの城は、子どもたちの成長を応援しようという人々の輪がどんどん大きくなって、子どもや子育て家庭に優しい、人と人とが温かくつながる地域社会づくりに少しでも貢献したいと思っています。

楽しんでいただくための3つのお知らせ

  • クライミングには、うわばきが必要です。クライミングにご参加する際には、上履きをご用意ください。(館内でも販売をしております)

  • 事前申込みが必要なプログラムがあります。一部特別イベントや、工作などは事前申込が必要です。

  • クライミングには、うわばきが必要です。クライミングにご参加する際には、上履きをご用意ください。(館内でも販売をしております)